• プロフィール

    雷音丸

    Author:雷音丸
    1972年7月7日生まれの41歳
    O型の蟹座
    趣味:釣り全般
    特技:真剣に何かに没頭するも、すぐ飽きてしまう事
    仕事:自営業

  • カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
  • FC2カウンター

  • 検索フォーム


まとめ
--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/07/23(Sat)

福島・復興支援2日目

2日目 朝からボランティアセンターへ

昨日の経験でかなりスムーズに作業に進むメンバーが多かった。


だが俺とFadeaway17は、なかなかうまくいかずかなり待たされてからようやく作業決定。



朝からマッチング


総勢10名で津波被害に会われたお宅のゴミ出しと掃除。



いわき市江名地区 ここはかなりの被害のように思えた。

わりと住宅が密集していて海側に面しているお宅はほぼ壊滅状態だった。


もうすでに取り壊しが進んでる住宅が目立つ。


取り壊されてる家が多いです

依頼主のお宅に到着。


ちゃんと許可を貰って撮影。


外から


現場に到着


中から




中はメチャメチャ


言葉が無いです。

建替えか、残すか、保険問題などなかなか先に進まないのが現状のようです。



早速作業開始、今日は若い女性のボランティアが5名 やはり掃除は得意そうに思えた。


俺たち男は力仕事 畳一つ外に運ぼうにもすでに4ヶ月経過しているためズヤズヤ。

有機物は何も確認されないのにかなりの臭いがする。


以前台風などで浸水したお宅に掃除に行ったことがある、その時はドブ臭いような臭いだった気がするがやはり海水、全然臭いが違う。


かなり強烈だった。


ずいぶん片付いてきた


お昼を大きく回ってから昼食。


休憩時間に周りを歩いてみた。




水産加工場   で、外にトイレがあったようだが見事に建てやは破壊されていた。



周りはどこに?


少し歩いた先にあった加工場







全く近づくことが出来なかった・・・・・・・


おそらく4ヶ月間手付かずのままなのでは?  漁連などでよく嗅ぐ臭いなんかでは無かった。



職業柄 排便の臭いなどには慣れてる自身があったが、あの中での作業なら10分と持たないだろう。


とんでもない臭いがしてました


そして後半 急ピッチでの作業。


最初は無理だと思っていたが片付くものです。



帰る頃にはかなり綺麗になったように思えた。


綺麗になりました


あいにく依頼主の方は外出中で挨拶無で帰る事になったが少しだけ達成感があった。


今日来たメンバーに何処から来たのか、仕事は何をやっているのか休憩時間に聞いてみると

勿論 職業などバラバラ。


アクセサリーショップ店員・農業・調理師・事務職などなど、だが俺たち建設業は現場でかなり働けるのは言うまでも無い。


地域は 神奈川・新潟・東京など あとは地元地域。



俺たちが京都から来たと伝えると 「京都の方多いですよね。」 


後から事務局に聞いて解ったのだが、京都は福島県担当と決められていたようだ。


大阪は担当が何処なのかは知らないが、京都駅から無料の支援バスなども出ていた様子。



今日行った地区にはまだまだボラティアが必要に思えたが、3つあったボランティアセンターも一つになってしまったと、4ヶ月たってだんだん人が集まらなくなって来たんだと・・・・・・・



今回 俺達はいわき市に行ったわけだが、おそらく原発周辺の双葉郡などは全く近寄ることも出来ないのだから・・・・・


4ヶ月も経ったらあっと言う間に廃墟とかすんだろうなと思えた。



いわき市 かなり広大な面積で移動だけでもかなり時間がかかる。



今回 たまたま行くチャンスがあり、仕事 などの都合が付いたから行くことが出来ただけだ。


関西から福島県はかなり遠いです。







ボランティアセンター到着後 うがいをしてみんなでカキ氷・そうめんなどを事務局に振舞って頂いた。






帰りは福島からは遠いので東京まで移動して帰る。





東京まで3時間・・・・・遠いな。


東京経由で帰ってきました。




今回感じたことは、一つ二つ隣の都道府県で休みを利用してしかも単身、ボランティアに参加できる若者が多いと言うこと。


はたして、俺ならどうだろう・・・・・・・・






日本もまだまだ捨てたもんじゃないな。



貴重な経験が出来た。


一日も早い 原発事故集束と復興を願う。











スポンサーサイト
Home | Category : 生活 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • No Title

    本当にお疲れ様でした。

    気にはなっているけどなかなか行けないのに
    行動に移す雷音丸さんをはじめ青年部員に脱帽。

    この経験を周りの人や私達にドンドン伝えて下さい。

    本当にお疲れさまでした

  • Re: No Title

    tomoさんへ

    はい。貴重な経験ができました。被災地・・・・まだまだボランティアの手が必要です。
    行ってはあげたいですが・・・・・遠いのが現状です。
    また機会があれば行きたいと思ってます。

  • 大変お疲れ様でした。
    貴重な経験をされたんですね。
    行動されたのは素晴らしいです。
    僕はグループでヘリコプター持って行って消臭剤を使ってデモをやる予定でしたが肝心の政治家が東京から動かなくて…
    結局無くなりました。

  • No Title

    お疲れさまでした。

    ホント、行かないとわからない事が有るけど、、、

    。。。。。。

    一日も早い復興を祈っています。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。