• プロフィール

    雷音丸

    Author:雷音丸
    1972年7月7日生まれの41歳
    O型の蟹座
    趣味:釣り全般
    特技:真剣に何かに没頭するも、すぐ飽きてしまう事
    仕事:自営業

  • カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
  • FC2カウンター

  • 検索フォーム


まとめ
--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2014/08/23(Sat)

富士登山~中篇

8/23(土)




1時間ほどまったりして 体がなれたかどうかはわからないが 登山を始めよう


AM10:30



登山協力金¥1000円  これで新しいトイレなどを作るそうだ


もちろん払いました。


登山協力金





さ~はりきって登山スタート!

どんなコースかと思えば いきなり緩やかな広い砂利道


しかも なぜか下ってる?  


拍子抜けするな・・・・・・・




登山スタート


10分も歩かないうちに雨が降ってきた!


ぬれて体力を奪われないうちに雨具だ!


ガスがかかっていて前がよく見えない・・・・・・・・・

いきなりの雨


あ~~間違ったかな?  常に今日を選んだことを 悔やみだす・・・・・・・・

何としてもリタイヤせずに登らせてやりたいからだ。


そもそも・・・・俺の体力が持つかどうかも心配なのだが・・・・・2400m  すでに息苦しいのは俺だけ?


わかりやすい表示看板  書いてある言葉も日本語、中国語、韓国語、英語 かなり国際的だ

やはり日本一の山 

ここまでゴミ?   まったくありません。


ルート表示も国際的



しばらく歩くと 公衆トイレ&安全指導センター が


どうやらここが6合目らしい

記念に 

6合目到着


ここまではなぜかかなり軽装の人を見かける・・・・・・それもほとんど外国人



日本一高い所にある公衆トイレ



6合目を過ぎると勾配が少し急になってきた

砂利道 足場のしっかりした硬いところを選んで歩く・・・・・


しばらく歩くと 雑誌なんかでよく目にする景色が飛び込んできた!


近そうに見えて・・・・・・遠い山小屋郡


よく登山雑誌で見るところ


振り返ると 常に絶景が!


こんな景色見たことないや。


ずいぶん登ったな~

振り返ると御褒美


小休止している俺たちを軽い足取りで 抜かしていく外国人・・・・・・・・


買い物にでも行くんですか?

って言いたくなるほどの軽装  カッターシャツにスラックス 足元はスニーカー

そしてリュックではなく 手提げ トートバッグ。



あなたはキリマンジャロの頂上に住んでいるんですかと言いたくなる・・・・・・・・やめましょうね弾丸登山


軽装の外国人




ほどなくして 最初の山小屋 花小屋 に到着。

山小屋とは・・・・・・どこもこんなにボロいのかと・・・・・・・ちょっと心配。



混合棒に焼印を押してもらう ¥300円 


休憩もそこそこに 次の山小屋を目指す。

最初の山小屋



最初の岩登り

手に持っていたストックを縮めて 手袋をはめて岩をのそのそ はって上がっていく!


磯歩きの経験がある人には何の問題もないが・・・・・・・・とにかく息が苦しい。   気がする



最初の岩登り

かなり登ってきた

登山開始してからずっと雲が邪魔をしていたが わずかな隙間から山中湖が見えた

思わず長女に見てみろと・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・そんなことより先を急ぎたいらしい・・・・・・・・


思い通りには行かないものだね。

ま~やる気があるのだからいいとしよう。





山中湖




PM0:27 日の出館 到着

山小屋に着くたびに休憩をする。


じゃないと しんどくてやってられない





2720m日の出館



焼印

結構な数になってきた


焼印


ここでも 振り返ると御褒美


信じられない景色



振り返ると信じられない景色




PM 0:43   7合目に入った


トモエ館  標高2400m ここで昼食をとることに


俺は肉うどん  値段は¥600円(山価格)



2800mで食べるうどん


う~~ん おいしいね  上空 2400m で食べるうどんは


長女は    私 :「おでん!」 


おでんですか?   ま~ま~好きなもの食べたらいいんです。


カノはおでん


さ~腹ごしらえもすんだし張り切って登ろう

山の天気は すぐに変わる


よく聴く言葉だが 身を持って体験した



一瞬で移り変わる

PM1:33 また雲が!



雲が切れると 絶景です


もう 天空にいる感じ。



絶景 ~絶景


しばらく歩くと かなりの岩登りが待っていた


これが結構きつい

登山者の はぁ~はぁ~と言う息遣いだけが響き渡っている。

「あの山小屋までがんばろう!」   つねにこればかりを口にしてしまう



それにしてもずいぶん登ってきたもんだ



ずいぶん登ってきたな~~




いろんな人が登っているのは当然なのだが


俺よりポッチャリな人を見かけると がぜんやる気が出てくる


内心ほっとしてるんだけどね・・・・・・・・・・・









あんたよう登ってきたなって言う人


吉田ルートで見ることができる 「亀岩」 


信仰のひとつで 近寄ることもできない



亀岩



ここまできたらあと少し


長女にどんどん置いていかれる


オニイも余裕そうだ   細い人はいいね。


余裕そうなオニイ



PM4:35 標高3250m 気温11℃


本日の予定クリア  「元祖室」 に到着した。



本日の目的地 3250m 元祖室


お~~みんなようがんばったな!  一番おれ自身に言いたい。


今日の疲れを癒し、無事ケガなく到着できた事を お祝いしよう!




さ~ 明日はいよいよ頂上を目指すぞ、  果たしていけるのかな






後編につづく・・・・・・・・・・・・・











↓ ポチっとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
Home | Category : 登山 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。